各種検査

sp_bn01.png
初診専用WEB予約

「眼科の定期検診」は思いのほか気軽にできる健康チェック。
人間ドックと同じ日に、専門医で受けてみませんか?

眼は「あなたの血管を肉眼で検査できる」唯一の窓

様々な検査ができるよう設備を整えています

医療機器設備
  • コンピューター自動視野計
  • 動的視野計
  • 眼底撮影装置
  • 前眼部撮影装置
各種検査とその機器のご案内

1屈折検査

近視、遠視、乱視の度数を調べます。

2視力検査

裸眼(眼鏡やコンタクトをつけていない状態)や眼鏡やコンタクトレンズをつけた時、どのくらい見えているかを調べます。
小さなお子様には「ドットカード」による視力検査もあります。ウサギの目がどこにあるか指でさしてもらいます。
また、遠くの視力(5cm)と近くの視力(30cm)が測定できます。

3眼圧検査

眼圧とは、目の硬さのことです。
直接機械が目に触れる「接触型」と、空気を目に当てて計る「非接触型」があります。

4細隙灯(さいげきとう)顕微鏡検査

角膜から眼底まで光を当てて精密に検査を行います。
まぶたの病気や角膜の傷、炎症、白内障、緑内障、網膜の病気などさまざまな疾患を診ます。

5眼底検査

目の奥を診る検査です。
網膜や黄斑部・視神経乳頭といった部分を診察します。
緑内障、糖尿病網膜症、高血圧性変化などさまざまな眼底の異常を調べます。
詳細に診察するために、目薬を使って瞳を開かせ検査を行います。

6眼底カメラ

眼底にある網膜や血管、視神経乳頭などを調べます。
眼底は全身で唯一直接血管を見ることの出来る部分です。
高血圧、糖尿病、動脈硬化による変化も眼底にみられますのでそれらを撮影します。

7視野検査 A【自動視野計】

視野(みえる範囲)の広がりを測定します。
中心部視野の詳細な状況を観察でき、緑内障のごく早期や、微細な変化の判定には有用です。
コンピューターが指標を出し続ける為、小児やご高齢者の患者さんには難しい場合があります。

8視野検査 B【ゴールドマン視野計】

患者さんとコミュニケーションを取りながら指標を動かしていく検査です。
小児やご高齢者の患者さんにも楽に検査を受けて頂く事が出来ます。
全ての視野異常を来たす疾患に有用な検査です。

9OCT(光干渉断層計)検査

網膜や視神経乳頭の断面画像を撮影します。
網膜や黄斑部の病気(黄斑変性など)、緑内障等の早期発見や経過観察のとても大切な検査です。

10レンズメーター

眼鏡レンズの度数を測定します。

11色覚検査

色に対する識別能を調べる検査です。

12立体視検査

 偏光フィルター眼鏡を使用し、昆虫の羽根を、親指と人差し指でつまむ検査です。

13ワック(望遠機能訓練)

検査器の中の風景を5分間眺めることにより目の緊張を緩和し、視力検査の際の調節の介入を防いだり、学校近視(仮性近視)のお子様の治療に用います。

初診専用WEB予約 ブログ 求人要項
初診専用WEB予約 / TEL:0565-31-7875